AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]

スタジオジブリの世界

次回ジブリ作品発表!

作品紹介
 
風の谷のナウシカ
 
天空の城ラピュタ
 
火垂るの墓
 
となりのトトロ
 
魔女の宅急便
 
おもひでぽろぽろ
 
紅の豚
 
海がきこえる
 
平成狸合戦ぽんぽこ
 
耳をすませば
 
もののけ姫
 
となりの山田くん
 
千と千尋の神隠し
 
猫の恩返し
 
ハウルの動く城

ジブリボード

Q&A

スカイメロディー


Goto Ghibli official Page
オフィシャルページへジャンプ


■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!

ジブリインデックス
 ┣ 作品紹介(1)
 ┣
作品紹介(2)
 ┣
作品紹介(3)
 ┗
作品紹介(4)

ジャンとピートの作品紹介(1)
紹介作品
風の谷のナウシカ
天空の城ラピュタ
となりのトトロ

「ピート」こんにちは、僕はピートといいます。ここではスタジオジブリの作品をちょっとだけ紹介しま〜す。よろしく〜
「ジャン」なんでおれ様がこんな事しなきゃならないんだ!
「ピート」ジャン、そんな事言わないで、ね。
「ジャン」まぁ、ピートの手伝いをすると言ったんだ。仕方が無い、相手をしてやろう!そうそう、俺様はジャン。王子なんだぞ!
「ピート」(王子?本当なんだか...)じゃあ、古いものから行くね、まずは『風の谷のナウシカ』。これはもうナウシカの笑顔が良いよね。
「ジャン」確かに、おれの嫌いな弱々しい女じゃなくて逞しく勇気があり、剣捌きもうまく、しかも可愛いしな。
「ピート」でしょ、でしょ。特にバージが切り離されてそれを救出に行って「大丈夫、必ず助ける」というシーンでのあの笑顔はとっても良いよね。
「ジャン」あぁ、生きる希望がわいてくるという感じはするな。でも、おれはあの蟲共は好きになれん。モンスターともちと違うし...
「ピート」あれはね、腑海の番人なんだよ、きっと。
「ジャン」おいおい、ナウシカにこんなに使ったら他の作品まで読んでくれないんじゃないのか?このページ。
「ピート」あっ、確かにそうだね。じゃぁ、詳しくは別のページに場所を移して、次いこうか?
■ ■ ■

「ジャン」次は『天空の城ラピュタ』だな。
「ピート」そう、スイフトの小説『ガリバー旅行記』にも出てきたあのラピュタだよ。
「ジャン」これはもう完全な“冒険活劇”だな。
「ピート」そうだね、ここでは空中海賊のドーラがとっても良い味をだしているよね。声もピッタリだし。
「ジャン」空から降ってきたロボットの破壊力がすんげ〜の!
「ピート」もう、ジャンったら争いが好きなんだからぁ
「ジャン」ところで、本当はこの作品がスタジオジブリの第1弾なんだろ?
「ピート」うん、確かにこの作品の制作中に“スタジオジブリ”が設立されたから第1弾とえいなくもないけど、まだこの時はスタジオジブリという名は表には出ていなかったことが当時のパンフレットなどから見て取れるんだよ。
「ジャン」ふ〜ん、ちなみにナウシカはどこが作っていたんだ?
「ピート」トップクラフトって制作会社みたい。
「ジャン」でも、今じゃジブリ作品といったらナウシカから出てるじゃないか!
「ピート」確かにね。多分、宮崎監督やトップクラフトのメンバーの何人かがジブリに移籍したとかじゃないのかな?
「ジャン」結局作品紹介になってないじゃないか!まぁ、例によって別のページでするか。で本格的にスタジオジブリの名が表に出たのが次の作品だな。

■ ■ ■

「ピート」そう、今やスタジオジブリの顔とも言える一番人気のこのキャラクターが出てくる『となりのトトロ』だね。
「ジャン」これはなんともほのぼのとした自然とトトロと猫バスがいいな。
「ピート」そうそう、特にサツキとメイがバス停でお父さんの帰りを待っていて、そこにトトロがやってきて、サツキが傘を貸してあげたらその傘に落ちてくる雨粒の音に反応するトトロの表情や仕種がなんとも言えないよね。
「ジャン」それと猫バスだな。この登場シーンはとっても奇抜で、さすがのおれ様も驚いたぞ。
「ピート」あと子供にしか見えないっていうのが夢があって良いよね。
「ジャン」あぁ、でもサツキも最初は見えなかったんだろ?
「ピート」うん、薪を取りに行った時に吹いた風はきっとトトロがコマに乗って飛んでいったんだと思うけど、その時は見えなかったんだよね。
「ジャン」けど、その後見える様になった。きっと、メイが居たからなんだろうな。
「ピート」もしかしたら今でも本当に居てるかも知れないよ、トトロが...
「ジャン」バッカだなぁ、居る訳ないだろ?
「ピート」そんなこと無いよ。きっと居てるよ、ただ、見えないだけだよ。
「プリス」そうよ、きっと居てるわよ。だって、トトロって精霊みたいなものなんだもん。妖精の私が居て、精霊が居ない訳ないでしょ?
「ピート」プリス、どこに行ってたんだ?もう紹介は始まっているよ。
「プリス」ごめんなさい。じゃぁ、ちょっとだけ自己紹介するわね。私は妖精の「プリス」。よろしくね。
「ジャン」おいおい、また長くなったじゃないか。これも別ページにまかして、次行くぞ!
「ピート」はいはい。
「プリス」はいはい。(-.-#

■ ■ ■

「プリス」とは言ったものの時間も無くなって来たので今度にしない?
「ピート」そうだね、じゃまた今度ということで...
「ジャン」とりあえず、終わったか。では、おれ様は寝るとするぞ!起こすなよ!


Copyright(c) 1998 loose All rights reserved.

2001.02.26:キャラクター名の変更
1998.06.13:文章の一部変更とボタンの変更
1998.04.13:初稿


本ページに出てくる3人は実はある作品に出てくるキャラクターを模倣したものです。
さて、そのある作品とは何でしょう?(ヒント:ジブリとは全く関係がありません)
答え:夜麻みゆき先生の「レヴァリアース」でした。

お薦めの商品を紹介しています
Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]