WV-D9000の不具合
【はじめに】
 つい数年前までは私の環境はS-VHSデッキがメインデッキでした。ところが、とある知人のルートでSONYのDV/SVHSダブルデッキ(WV-D9000)を安く譲って貰う事が出来、それから私の環境は劇的に変化しました。
 というのも、SVHS時代はどうしても色にじみやドロップアウトが多少なりとも発生し、テープを見てるというのがバレバレでした。ところが、このDVデッキが入ってDVの絵を見るとその次元の違いに本当驚きでした。実は、DVデッキはこれが初めてではなく、ハンディカメラであるDCR-PC7という物は既に持っており、それなりにDVの画質は判っていたつもりなんですが、CCDやレンズのせいも有るんだろうけど、それほど劇的な画質では無かった為、感動する程の画質では無かったのです。
 ところが、このWV-D9000のDV画質はソースの違いを忠実に再現する程で、その映像を初めてみたとき本当に感動しました。特に、WOWOWのノンスクランブルの映像を見た時はこれが本当に無料の映像なのか?と驚くばかりでした。
 本当にリアルタイム映像なのか録画した映像なのか区別が付かないのです。特に、WOWOW等の衛星放送は地上波放送より帯域が広いのかとても高画質で、こんな高画質な映像を生では無く録画で何度でも見ることが出来るとは本当に技術の進歩には感謝してました。
【DVデッキの魅力】
 実はこのDVデッキにはもう一つ魅力があります。というのも、今までSVHSデッキの場合は120分テープを使って標準モードで録ったとしたらそのテープの通り120分、つまり2時間までしか録画出来ません。私は主に録画しているアニメ番組だと4本で一杯になってしまいます。つまり、1日に4本以上の録画が出来ない事を意味しています。
 ところがこのDVデッキの場合、DVCAM用の184分テープを使うとなんと4時間半もの長時間に渡って高画質録画出来る訳です。これはもうマスターテープとして必要にして充分なスペックです。これはもうマスターデッキとして手放せなくなってしまいました。
なぜ184分テープが4時間半?
実は、この184分テープというのは、プロ用のDVCAMモードでの時間なんですね。しかし、民生用で使われているDVモードはこのDVCAMモードのテープ速度の2/3の速度なんですね。つまり、DVモードだとDVCAMモードの1.5倍の時間が記録出来るという事になります。つまり、184*1.5=276分という事で時間に直すと4.6時間という事になります。
(ちなみに、この数値はSPモードなんですが、最近のモデルはLPモードで録画出来るので、そのさらに1.5倍の6.9時間も収録出来るんですね。つまり、1クール[13話]のアニメが1本のDVテープに高画質で収録出来るですね)

 しかも、DVテープにはメモリ付きというものが有り、録画した時間・チャンネル等がテープを入れるだけで判るのはとても便利です。私はメモリ付きテープ5本をサイクリック(繰り返し)に使用してマスターテープ化として使っています。と〜っても便利です。というのも、5本も使っていると1週間位貯めても何処に何時録画したものが入っているかインデックスを見るだけで見えるので、SVHSテープにダビング保存する際とても簡単に出来るんですね。

【DVで音飛び?】

 そんな素晴らしいデッキだったのですが、先日から時々音飛びが発生する現象が見られ、しかしその現象が特定のテープにのみしか発生していませんでした。つまり、どうもテープ不良の可能性が有ったのですが、それがだんだんとひどくなりそのうちどのテープも音飛びが発生する様になってしまいした。これは幾らなんでも酷すぎてマスターテープとして使い物にならなくなったので、修理に出す事にしました。
 しかし、修理に出してから約3週間もかかってやっと治って来たというのに、今度はLPモードで録画したテープ(PC7やDR7,DR9等)の再生で酷い音飛びとブロックノイズが発生して使えたモンではなくなってしまいました。(確かに、D9000はSPモードでの録画再生しか保証はしていません。しか〜し、修理をするまではちゃんと再生出来ていたのですからやはり再生出来る様にして欲しいですよね)
 そこで、再度お店に連絡して修理を依頼しました。すると、今度はサービスマンが見に来るという事でスケジュールを合わせて自宅で待つことにしました。しかし、現象を見せて説明するとすぐに「もう一度預からせて欲しい」との事。しかし、やはりDVデッキが無くなると非常に辛いものが有る為、それは困るんで代替機を用意して欲しいと伝えた所、では「探してまた連絡します」と5分あまりで帰ってしまいました。(私の有休ってこの5分の為???)
 で、その約1週間後に代替機(同型機)が用意できましたという連絡が有り、早速交換してもらい今使っている所なんですけど、どうも違和感が有るんです。というのも、再生中の早送り/巻き戻し等をした時などの反応がとても遅いんです。早送りボタンを離してから再生やポーズになるまで5秒位タイムラグが有るんですね。(SPモードテープはまだ少しはましなんですけど、LPモードは本当5秒位ボタンから手を離しても動いているというのは本当です)
【見えないチューニング?】
 実は修理に治ってきてから、変わった感じが既に有ったのです。例えば、

  1. ポーズ状態からジョグを動かした時の反応が早くなった
  2. DVテープをイジェクトして放っていても勝手に吸い込まなくなった

 といった点が良くなっていたのでファームウェアが変わったのかな?とは思っていたのですが、この代替機はもしかしたら初期ロットなのか(製造番号:630282)再生・ポーズ状態での早送り・巻き戻しのタイムラグが私の物(製造番号:804581)とは比べ物にならない程有るんで、もしかしたら見えないチューニングが行われているんでしょうね。

 
さて、今度は何時治ってくるのかな?

< Back >

2000.08.09 / loose@aic.gr.jp

本ページに対する御意見/御希望お待ちしております。


新作ソフトが発売日に手元に! ここなら手軽にDVDが買えるぞ! インターネットならやっぱりISDN!