AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]

[PR] 「ゲーム&キャラクタグッズ専門ページ」スタート!(ソフトバンクパブリッシング)

■新着情報■
ブレーキの交換
CarStation TOP
試乗レポート
シビックType-Rの追加
展示場レポート
コラム
ホンダMDX発進
ホンダの謎
マルチマチック・・
アーシング
アーシングの基礎から実際までをまとめました
リンク集
オデッセイのページ
「アーシング」他追加
プロフィール

■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!

三菱グランディス試乗レポート


試乗車
三菱グランディス
グレード:2.0 GT
エンジン:2.3 DOHC
駆動方式:2WD(FF)
走行距離:508km〜519km
試乗日
1997.11.08
天候:晴れ
試乗距離:約11km/市街地のみ

レポート
 三菱のシャリオは日産プレーリーと共に今のミニバンブームになる前からリリースしていた乗用車タイプのミニバンだ。今回、そのシャリオが3ナンバー専用車と大型化され、独自のGDIエンジンを搭載してやってきた。
 さっそく試乗してみたが、雑誌などで写真を見て「なんか鉄仮面みたいやなぁ」と思ったが、実車を見てその印象を強めてしまった。なんかちょっと時代に合わない様な...フロントマスクのデザイン自体は前のモデルの方が良かったなぁ...
 まぁ、デザインは置いておいて、早速乗り込んでセンターコンソールから生えたシフトレバーをDに動かして市街地に乗り出した。さすがに、アイポイントが高く、市街地では非常に乗りやすかった。
 さて、肝心の2.4lのGDIエンジンだが、低速トルクはまぁそこそこ、で高回転域では4500回転ほどから若干トルクの落ち込みがある程度で、可もなく不可もなくと言うところか。まぁ、クリーンで有ることや燃費に関しては判らないので、パワーや騒音だけを対象にしてみると特に魅力は感じられなかった。特に、加速時のエンジンノイズは現代の車にしては標準以下ではないか?と思われた。同じ大きさでもレガシーの場合はノートに近かったので、とても残念だと思った。 
 もう一つの魅力であるスポーツシフトだが、まずはDレンジで走ってみる。まず、感じたのはシフトショックの少なさだ。ちょうどメーター部に1〜4速のインジケーターが付いており、Dレンジでも今何速になっているか表示される様になっているのだが、走り出してすぐに2速に入り、50km/hには既に4速に入り、非常に低い回転域で素早くシフトアップするセッティングになっていた。勿論、フルスロットルを与えると6000回転ほどまで回るが、市街地で流れに乗る程度なら本当に2500回転ほどまでしか回らないのだ。しかし、そのせいかエンジンブレーキが効きにくく40km/h以下の場合は殆どエンジンブレーキが効かなかった。
 では、スポーツシフトはどうか?というとシフトショックも少なくレスポンスも速い為、スポーツドライブが出来そうなのだが、シフトアップ側ではDでも十分使える事からどちらかというとシフトダウンで使う場合が非常に有効なのではないかと思った。つまり、加速時はDレンジで走り、減速したい場合にレバーを左に移して(-)側にカチカチとシフトダウンするというパターンだ。幸い、Dとマニュアルシフトとの切り替えは非常に簡単でそういった使い方が問題なく出来そうなのだ。しかし、ワインディングロードで走る事を考えるとやはり4速では足りない様な気がするのだがどうだろうか?
 さて、車の機能の一つである足回りであるが、これは乗用車としてのセッティングに重視されているのか非常に柔らかく、Lターン(90度ターン)でもフロントが腰砕け状態で回り、とてもワインディングを気持ちよく走る様なセッティングでは無かった。ちなみに、そのLターンの時にそんなに速い速度では無かったにも関わらず、かなりロールが発生し、フロントタイヤが悲鳴をあげていた。しかし、その時でもステアリングから伝わる感触はあまりグリップ時と変化が無かったのは非常に残念だった。
 少なくとも、このサスペンションでは6名乗車でワインディングを快適に走る事はできないのではないか?と思われた。
 さて、今回試乗したスーパーエクシードにはダッシュボードに据えつけのナビシステムが搭載されていたのだが、このナビの画面は若干小さいとは感じたが、非常に見易く使い勝手も適度に良いと思われた。
 今回の試乗は市街地だけだったのだが、この区間だけ見るとブレーキタッチは程々で良くもなく悪くもなくという感じだった。ただ、ゴルフの様な締めつける様なブレーキでは無いのは国産車らしいと言うべきか...
 最後にシートだが、ホールドはあまり良くないがクッションは良く、これを見てもこの車の主要用途は市街地から高速道路に重点が置かれていると思われた。少なくとも曲がりくねった道では無いことは確かだと思った。
 さて、このグランディスは明らかにライバルとしてホンダのオデッセイを置いていると思われるが、高級感はオデッセイの方が上だが、ドライブフィールはグランディスの方が若干上の様な感じだった。また、グランディスの方が若干コンパクトであるので、狭い道等では使い勝手は良いだろう。ただ、グランディスの外観は非常に個性が有り、かなり好みに左右されるだろう。少なくとも私はこのフロント回りのデザインは好みでは無く、どこか古臭ささえ感じられた。

Last Update : 1997.11.23
当サイトに掲載されている文章・写真・図面等の無断転載はご遠慮願います。
Copyright(c) 1997-2002 Ashiya Internet Club

≪ 本ページに対するご意見・ご希望は loose@aic.gr.jp まで ≫
amazonならきっと欲しいものが見つかります。今なら1500円以上のお買い物で送料無料!!
Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]