AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]


[PR] 「ゲーム&キャラクタグッズ専門ページ」スタート!(ソフトバンクパブリッシング)

【目次】

はじめに
イプサムvsオデッセイ
納期1ヶ月
なぜオデッセイ?
納車
ファーストインプレッション
パーツの取り付け
セカンドインプレッション
無限サスキット
ナビの取り付け
CDチェンジャーの取り付け
RVドレスアップガイドシリーズ
HKSエアフィルター
バカになるナビ
マフラーカッター
マフラーカッターその2
ドア内張の交換
エコラン
マフラーカッターその3
ホーンの取り付け
スポイラーの取り付け
バンパーの補修
アーシング(Stage.1)
アーシング(Stage.2)
丸3年レポート
ドアロッくんの取り付け
ETCの取り付け
ブレーキの交換
ブレーキの交換、その2
Playz PZ-1
丸8年レポート [NEW]

燃費記録

■ 不具合
 □
静電気
 □
セカンドシートのずれ
 □
メータ部のビビリ音
 
初めてのパンク

■不満点
 □
ヘッドライト

新オデッセイ part.1
新オデッセイ part.2
新オデッセイ part.3
洗車テクニック
堅くなるタイヤ

リンク


■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!


アーシング(Stage.2)

 前回(今、Stage.1と名付けました[笑])行なったアーシング施工ですが、体感的に殆ど差を感じなかったのですが、その原因として接地ポイントが少なかった事とやはり線が細いが原因では無いか?という事で、Stage.2として再度施工し直す事にしました。

 まず、用意したのは太いケーブル。これは、阪南電線製の600V HN-WH1 ( NH-MLFC) という物で、配分電盤・制御盤内の配線やモーターの口出用および車両用電線用のケーブルです。理由は、一般に使われているHKIVより耐熱性が高く、許容電流も高い為です。私は株式会社協電より購入しました。14sqが198円/mでしたので、余裕を持って10m購入しました。送料が1000円掛かったので、消費税込みで3,129円。これに、送金手数料の21円が別途掛かったので、ケーブル代としては3,150円になりました。(結果315円/mという事になりますね)

(ケーブルは宅急便で来ました。こんな状態で送る事が出来るのですね。目から鱗でした。(笑)
ちなみに、重量は約1.4kgでした)

 以前、圧着する際ウォータープライヤでやって苦労したので、今回は万力でやってみました。といっても、そのまま挟んだだけだと確実に圧着出来ない気がしたので、小さなボルトを噛ませてスポット圧着も追加しました。(後で書きますが、この方法は失敗です。絶対に真似しないで下さい)

 エンジンブロック右前方の空きボルト穴を利用して8mmx16mmのボルトで固定。
 使用したケーブル長は約45cm
 エンジン側は14-10の圧着端子を使用
 バッテリー側は14-6の圧着端子を使用

 エアインテーク部のスロットルワイヤー固定ステーのボルトを利用して共締め。
 使用したケーブル長は約85cm
 両端共に14-6の圧着端子を使用

 左サス上ボディーアース強化。はたして、ここが効果的なのかは不明だが、とにかく左側でボディーに落とした方が良いだろう。という事で、手軽な箇所であるここにしました。
 使用したケーブル長は約140cm
 両端共に14-6の圧着端子を使用

 最後は、エアインテーク部とバルクヘッド部です。エアインテーク部はスロットルワイヤーの固定ステーを利用。バルクヘッドはその奥側のボルトを利用。
 使用したケーブル長はインテーク側が約145cm、バルクヘッド側が120cm
 両端共に14-6の圧着端子を使用

 バッテリーの接続部はこんな風になっています。今回は全ての線を個別にバッテリーまで引いた為、6mmx40mmのボルトを利用して串刺し式に接続しています。それぞれ、2本を背中合わせにしてナットで締め込んでいます。

 という事で、各部の電圧を測定してみました。(キーOFF〜Stage.1まではStage.1時の値を利用)

場所
キーOFF時
(ノーマル)
キーON時
(ノーマル)
キーON時
(Stage.1実施)
キーON時
(Stage.2実施)
右サス上部(未接地部)
0.8
7.4
4.3
2.5
エンジンブロック右
0.6
7.1
2.8
1.3
インテーク右
0.6
7.3
3.1
1.4
インテーク左
0.6
7.3
3.0
1.4
オルタネーター
0.6
7.1
3.0
1.3
ワイパーモーター上
0.8
7.4
4.1
1.6
左サス上部
0.8
7.3
3.8
1.8
バッテリ電圧
-
-
-
12.36(V)
※単位はmV

 比較してみると Stage.1 からは発生電圧が半減しています。左サス上部が直接接地しているにも関わらず電位が高いのが少々気になります。そのうち、それぞれのケーブルに流れる電流を計ってみたいと思います。

 ちなみに、接地していない部分も少し計ってみました。

場所
キーON時(Stage.2実施)
右ヘッドライト上
2.2
左ヘッドライト上
2.3
※単位はmV

 左側はまだバッテリーから遠いから仕方ないけど、右ヘッドライト上ってすぐ近くにバッテリーからのアース端子が接地されているのに、2.2mVも出ているという事は、やはり純正の接地線が弱いという事か?

インプレッション
施工を行ってすぐに馴染みのディーラーまで走ってみました。しかし、残念ながら世間で言われる様な劇的なトルクアップは感じられませんでした。というかトルクの立ち上がりが以前より感じないのです。アクセルを踏んだ時に、体に感じる加速感が少なくなり以前よりスムーズな感じを受けるのです。これはエンジンがスムーズに回る様になった為なのか、トルクが減ったのかはまだ不明です。
 ただ、町中を走行していて感じるのはエンジンの騒音が少なくなった気がする事と、それほどアクセルを踏まなくても良くなったという事でしょうか?
 どちらにしても、現時点で言える事は『なんとも言えない』という事でしょうか?(ちょっと残念)
 実際に300km程走って燃費等を計ってみないと判らないですね。
失敗談
 今回、圧着に万力を使用したのだが、やはり万力は挟むもので有って、圧着する物ではないという事ですね。たとえアルミ製の圧着端子で有っても、これだけ太い線用だと簡単には潰せない事。その為、通常のハンドルだけでは絞められず、大きなモンキーを使用して強引にハンドルを回してやっと絞められました。(といっても、アルミを完全密着出来たかどうか自信ないです)
 やはり、この程度の太さになると専用工具が必須かも知れませんね。共同購入かもしくは代理製作(希望者が多ければ考えます)とかした方が良いですね。
 おかげで、万力がかなり痛んでしまいました・・・(泣)
バッテリーの切り離しとECUのリセットについて
 別の多くのページでは、施工前にバッテリーの端子は外して施工する様に書いています。(これは通常の電気配線施工の場合、プラス電源の施工も加わる為、プラス電源の施工中に誤って工具などがボディに触れてショートしない為なのですが、今回は接地作業のみでしたので、バッテリー端子は外しませんでした)
 
そして、その際はECUの学習機能がリセットされるため、暫く走らないとダメだとかいう事が書いている人が多い様ですが、ディーラーに問い合わせたらVTECエンジンは特にECUをリセットしても制御に関しては全く関係無いとの事です。(ただ、だからといってはずしても全く変わらないかどうかは判りませんが・・・)
株式会社協電について
 「車と旅と安らぎのページ」の掲示板で一般的に使われているHKIVより耐熱・大容量でしかも安いケーブルという事で紹介されていた会社で、直接メールで見積もりや発注が可能でした。WEBページで見積もりしたら翌営業日には返事が来ました。なかなか迅速な対応だと思います。但し、注文フォームには型番やサイズなどいちいち入力しないといけないのはちょっと面倒臭いですね。
圧着端子について
 今回使用した圧着端子は、近所のコーナンにて購入しました。
 購入したサイズは14-10の5個入り(250円)が1袋、14-6の5個入り(250)円が2袋です。しかし、圧着加工後にバッテリーに繋ごうとして一つだけボルトに入らない物が有りました。
 あれ?っと思って良くみてみると穴が他のより小さいでは無いですか。で、端子をよくよく見ると、14-5って書いているんです。そう、他の製品が混ざっていたんですねぇ。いやぁ、先に気づけよ!って感じですね。今回は既に使用してしまったので、後でドリルか何かで穴を広げる事にしますが、今度から購入する場合は気を付ける必要が有るかも知れませんね。
ケーブルの色につ
 多くの人がアーシングとして使用しているケーブルは市販の物も含めてギンギラしていたりなかなか派手な色で、いかにも!って感じですよね。ところが、今回使用したWL1は黒のみなので、エンジンルームを見ても全然派手さがありません。まぁ、見栄えは二の次といえばそうなんですが、やっぱりちょっと物足らないかな?(笑)

■■■アーシング作業は基本的に自己責任にて行って下さい■■■

 誤った配線、取り付け方法などによる車の不調、故障が起きても、当サイトでは責任を負うことができません。大切な愛車を壊さないためにも、しっかりと知識を得てから作業に取りかかってください。



2002年1月20日(日曜日)

original


当サイトに掲載されている文章・写真・図面等の無断転載はご遠慮願います。
Copyright(c) 2002 Ashiya Internet Club

≪ 本ページに対するご意見・ご希望は loose@aic.gr.jp まで ≫
amazonならきっと欲しいものが見つかります。今なら1500円以上のお買い物で送料無料!!

Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]