AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]

[PR] 「ゲーム&キャラクタグッズ専門ページ」スタート!(ソフトバンクパブリッシング)

【目次】

はじめに
イプサムvsオデッセイ
納期1ヶ月
なぜオデッセイ?
納車
ファーストインプレッション
パーツの取り付け
セカンドインプレッション
無限サスキット
ナビの取り付け
CDチェンジャーの取り付け
RVドレスアップガイドシリーズ
HKSエアフィルター
バカになるナビ
マフラーカッター
マフラーカッターその2
ドア内張の交換
エコラン
マフラーカッターその3
ホーンの取り付け
スポイラーの取り付け
バンパーの補修
アーシング(Stage.1)
アーシング(Stage.2)
丸3年レポート
ドアロッくんの取り付け
ETCの取り付け
ブレーキの交換
ブレーキの交換、その2
Playz PZ-1
丸8年レポート [NEW]

燃費記録

■ 不具合
 □
静電気
 □
セカンドシートのずれ
 □
メータ部のビビリ音
 
初めてのパンク

■不満点
 □
ヘッドライト

新オデッセイ part.1
新オデッセイ part.2
新オデッセイ part.3
洗車テクニック
堅くなるタイヤ

リンク


■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!

丸3年レポート

はじめに
 スカイライン4ドアgts-t type-Mというハイパワー車からオデッセイに乗り換えて、早3年が経ってしまいました。
 乗り換える前は、もう走りを楽しんだりする事も出来ないし、大柄なボディの為狭い場所は扱いにくいだろうな…と思いつつ車内の広さには勝てず、泣く泣くオデッセイに乗り換えた訳ですが、3年約15,000kmを走行して、オデッセイに替えてどうだったのか振り返ってみたいと思います。(少し長文になっています)
改造・変更箇所
 その前に、この車には次の様な変更が施されています。
1.無限サスキット
オデッセイは元々非常に柔らかい足まわりでフワフワしており、ちょっとブレーキを踏むだけでフロントノーズが沈むのが凄く嫌だったのだが、この無限サスキットを装着してからはそんな感じは全くしなくなった。また、多少ゴツゴツ感が増えたが家族から乗り心地が悪いというクレームはまだ来ていない。
2.DVDナビ
精度と案内で評判のアルパイン製NW7-N077Sを通販で購入。自分で取り付けた。
3.HKSエアフィルター
近所のパーツショップで安売りしていたので、交換したがどの程度効果が有るのか判らない。体感的には殆ど違いは判らなかった。こういったものはターボやハイパワーエンジンでないと違いが判らないのかも知れない。
4.マフラーカッター
近所のパーツショップで閉店セールをやっていたので購入。しかし、素直に取り付けが出来ず四苦八苦しつつなんとか装着。
5.ホーン
これも近所のパーツショップで安売りしていたので購入して純正と交換。
6.フロントスポイラー
雑誌の広告で在庫処分品を見つけ購入。その後1年程放置していたが、重い腰を上げ自分で塗装・装着。
 以下はこれらのパーツを取り付けた上でのレポートですので、ご注意下さい。
エンジン
 2.3リッターSOHC VTECエンジンは給排気2バルブタイプの直列4気筒エンジンで、以下の様なスペックとなっている。
仕    様

エンジン形式

F23A

エンジン種類・シリンダー数

水冷直列4気筒

弁機構

SOHCベルト駆動 吸気2 排気2

総排気量(cc)

2253

内径×工程(mm)

86.0×97.0

圧縮比

9.3

燃料供給装置形式

電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)

燃料タンク容量(リットル)

65

ス ペ ッ ク

最高出力(PS/rpm)

150/5600

最大トルク(kgm/rpm)

20.8/4700

燃料消費率[10・15モード](km/l)

10.6

 約1.6トンの車で、たった150PSではさすがに、思い通りに加速したりする事は出来ない。しかし、通常の市街地を走行する分には必要にして充分なパワーであると言えよう。ただ、上り勾配などで乗車率50%を越える様な場合はどうしてもパワー不足を感じてしまう。
 もちろん、アクセル全開で高回転まで回して走ればそれなりに登る事は出来るが、エンジンノイズ(ノートでは無くノイズ)はかなり高く、はっきり言ってウルサイ。いかにも必死になって力を絞り出している感じでちっともジェントルでは無いところが非常に残念。やはり、ジェントルに乗るならV6-3リッターモデルでないとダメかな?(あっ、インテRのiVTECエンジンなら2.3リッターでも充分ですが)
サスペンション
 この車の一番嫌いな所がフワフワしたサスペンションでした。最近のオデッセイはかなりカッチリした足まわりになって来たのですが、当時の標準サスペンションは発進時には頭を持ち上げ、減速時はお辞儀をするという昔のアメ車の様なフィーリングがどうにも納得いかず、純正同等の保証が効く「無限スポーツショック」に変更しました。
 そのお陰で、ノーズダイブなどのピッチング方向もローリング方向もかなり抑えられ、ダンピングも良く効いている為、ステアリング操作にタイしてタイムラグなくノーズが切れ込んで行く感じがとても気持ち良いです。といっても、タイヤがノーマルの205/65R15という極々普通のタイヤで有る為、これ以上はタイヤの歪みの為望むべくも無いが、、、是非とも225/40R18位のロープロファイルのタイヤをセットしてみたいと思っているのですが、高いですからねぇ・・・
 しかし、今のタイヤではそれほどゴツゴツせず、同乗者からクレームも来ないが、はたしてロープロファイルタイヤに付け替えたりするとどうなるか?それが少々心配ではあるが・・・(笑)
ハンドリング
 サスペンションの所でも書いた通り、無限スポーツショックのお陰で非常に切れの良いハンドリングを示してくれる訳だが、残念ながらギア比が大きくロックtoロックが多い為、市街地走行では結構ハンドルを回さないのがちょっと気になる。
 しかも、ステアリングがセンターオフセットされている為、ハンドルを回すとグリップ部が変動するのがどうしても気になりますね。また、パワーアシストも高く軽すぎる位軽いのだが、出来ればもっとギア比を小さくして欲しいですね。
 また、ステアリングのグリップ部が一応皮巻きなのだが、しっとり皮では無くサラサラ皮って感じでちょとイマイチ。しかも、グリップ部の太さは細く握りのフィーリングもイマイチだったりします。
ブレーキ
 ブレーキタッチはとてもフニャっとしたタッチで決して誉められたものでは無い。しかし、効き自体は悪くなくこれは欠点とは言えないだろう。ただ、ブレーキレバーの位置はちょっと改善して欲しいと思いますね。というのも、ブレーキレバーの位置がアクセルペダルより、かなり手前に位置しています。
 つまり、アクセルを踏んでいてとっさにブレーキを踏もうとした場合、アクセルを踏んでいた足を一旦手前に引いてからブレーキに踏み替えないと、ブレーキペダルに足が引っかかってしまい、正しくブレーキが踏めないからです。特に縁のある運動靴などの場合、引っかかりやすくちょっと危険な気がします。
エクステリア・ボディー
 全長4765mm、全幅1770mm、ホイールベース2830mmというボディは、セダンで言うとマークII等と同じボディにアリスト以上のホイールベースで、しかも高さが1675mmという事でとても大きく見えると思うが確かに大きい。狭い路地や狭い駐車場等では小回りが効かないという事も手伝って少々不便ではある。そして、小回りが効かないという点が一番辛い所はUターンだったりします。他の車がすんなり回れる所がこの車は切り返しをしないと回れなかったりするのが何とも・・・
 それ以外は確かに大きいボディーでは有るが、馴れれば思ったより辛く無いですね。
 ちなみに、「ファインスピリット」はボディ同色のサイドプロテクターが付いているので、ドアを開けた時に壁などへの接触時にキズが抑えられるのは助かる。
インテリア
 Mベースにライトブラウン木目調パネルが貼られた「ファインスピリット」という事で、ベースになったMよりは多少高級感は有るが、それでも現在の車に比べると安っぽく感じますね。けど、これはこれで悪く無いと思います。ただ、コインボックスの位置が非常に微妙で、閉め忘れてそのまま車を降りようとするとしっかり膝をぶつけてしまう場所に有るのが困りもの。
操作性
 まず、一番気になるのがヘッドライトコントロールレバー。通常、ヘッドライトのHi/Low切り替えとパッシングスイッチが別の動作で操作出来るものだが、何故かこの車のスイッチはとても変で、軽く手前に引くとパッシングで、強く引くとHi/Low切り替えになっているんです。ですから、慎重に操作しないとついついHi/Low位置まで引いてしまい、Hiになりっぱなしになってしまうことが多いのはちょっと困りものですね。
 あと、空調やパワーウインドウスイッチのレバー等に照明が付いていない点。これは夜間に操作する場合、ちょっと困りものですね。
 それと、セカンドシートをリフトアップする際のレバーがシート横に有る訳だが、このレバーはリフトアップ解除レバーでしか無く、片手で操作出来ないのがちょっと面倒かな。
シートレイアウト
 オデッセイはベンチタイプの7人乗りとキャプテンシートの6人乗りが有ったが、私はシートレイアウトの多さから7人乗りを選びました。6人乗りのセカンドシートは折り畳みが出来ないので、何かと不便だろうな?なんて思っていたのですが実際ベンチタイプを選択して正解でした。
 この車に乗り換えてから、自転車(ママチャリ)やダイニングボードなどが簡単に運べたのですが、これらは全てセカンドシート・サードシートを畳むとあっけなく飲み込んでしまうのでとても楽でした。
 個人的にフルフラットシートなんて全く興味が無い訳ですが、やはり折り畳めるセカンドシートは使い勝手がすこぶる良いです。
 ただ、サードシートを折り畳む時ヘッドレストを取り外さないといけないのはやはり不便ですよね。(新型から外さずに畳めるのは本当羨ましいです)
 あと、セカンドシートのアームレストは左右別々に有るのだが、リクライニングに合わせて角度が自動調整される訳では無いので、左右で背もたれの角度が違う場合、アームレストに段差が付いてイマイチなんですね。
 こんな所も、新型は大型アームレストになっているので、ちょっと羨ましかったりします。(笑)
総合評価
 丸3年乗っていた訳ですが、この車の満足度は75点って所でしょうか?減点20点はエンジンパワーでこればかりはもっともっとパワーが欲しいですね。あとの5点は、操作性ですね。それ以外は多少の欠点は有るが、減点する程では無い些細な点って所でしょうか?
 車に乗り始めて5台目に当たる訳ですが、これほど満足した車も珍しいですね。やはり、爆発的に売れただけの事は有るって事でしょうか?

2002年1月27日(日曜日)

original


当サイトに掲載されている文章・写真・図面等の無断転載はご遠慮願います。
Copyright(c) 2002 Ashiya Internet Club

≪ 本ページに対するご意見・ご希望は loose@aic.gr.jp まで ≫
amazonならきっと欲しいものが見つかります。今なら1500円以上のお買い物で送料無料!!
Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]