AIC Station

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]

[PR] 「ゲーム&キャラクタグッズ専門ページ」スタート!(ソフトバンクパブリッシング)

■新着情報■
ブレーキの交換
CarStation TOP
試乗レポート
シビックType-Rの追加
展示場レポート
コラム
ホンダMDX発進
ホンダの謎
マルチマチック・・
アーシング
アーシングの基礎から実際までをまとめました
リンク集
オデッセイのページ
「アーシング」他追加
プロフィール

■PR

お暇でしたら是非お立ち寄り下さい。

お薦めの商品を紹介しています。

オンライン査定実施中!あなたのクルマは今、幾ら?(株式会社ガリバーインターナショナル)

保険スクエアbang!/自動車保険15社[無料]一括見積もり依頼

保険スクエアbang!/生命保険13社[無料]パンフレット一括請求

今や新車もネットで無料新車見積りの時代。しかも競合車種まで同時見積りOK!!

ッサン・プレサージュ試乗レポート
試乗車
ニッサン・プレサージュ
グレード:CIII
エンジン:3000ガソリン・DOHC・V6
駆動方式:2WD(FF)
走行距離:360
試乗日
1998.7.12
天候:晴れ
試乗距離:約5km
 
レポート
 日産が上級ミニバンとしてこの春、新型として発売開始したのがこのプレサージュです。
 キャッチフレーズは「ミニバン・クルーザー」です。カタログには、
そのフォルムは、走りの予感。
その走りは、どこまでも快適なクルージング感覚。
その室内は多彩なアレンジの8人乗り。
 とあります。走りでは定評のある日産の事。その日産が走りを挙げている事からどうしても期待が高まって来ます。
 そこで、早速ディーラーに足を運び試乗を申し込みました。とは言ってもいつもの様に好きなところは走らせてくれなかったので、ディーラーの廻りをぐるっとひと回りするたった約5キロという距離だったのであまり素性、特に走りに関して判らなかったのがちょっと残念だた。
 ディーラーの前でキーを受け取りドアを開け、ちょっとだけ登る様に乗り込みドライバーズシートに腰を下ろす。シートはゆったりしており、インストパネルも比較的遠くに有るため非常に解放的な感じだ。
 そして、キーをひねるとメーターバイザー内にメーターが白く浮かび上がるこのファインビジョンメーターはトヨタのオプティトロンメーターよりは若干普通っぽいけど充分見易い。そして、エンジンを掛けると静かにエンジンが掛かった。さすがに、V6だけの事はある。アイドリングの振動は殆ど感じないで静かに廻っている。
 エンジンを掛ける時に気になったんだが、この車にはブレーキアシストが装備されている為だと思うが非常にブレーキペダルの遊びが大きく、フニャフニャした感じなのがとても気になった。ま、それは慣れるだろうと思い、ミラーを調整してさて試乗開始!と思ったら駐車スペースにオデッセィが入って来た。
 プレサージュと比べるとオデッセィがなんか凄く低く感じるなぁ...しかし、ヲイヲイそんなところに止めるんじゃ無い!出られないじゃないか...とは思いながらゆっくり出るとポーンという音が...どうも、左前コーナーセンサーが反応したみたい。まぁ、まだ余裕があるみたいなので、そのままゆっくり進んで国道に出た。そして、アクセルを床まで踏み下ろした。
 この車はFFでしかも220PS/6400rpm,28.5kgm/4400rpmというそこそこのパワーだからフロントタイヤから悲鳴が出ると思いきや...非常にスムーズに加速を始めた。どうも、低回転域のトルクが足らない為か非常に滑らかな加速で速度を上げた。まぁ、クルーザーとしてはこれで良いのかも知れないと思ったが、やはりちょっと物足りないなぁ...でも、エンジンノイズは非常に抑えられており、約5000回転まで引っ張ったけどうるささは全く感じられなかった。しかも、足廻りは非常にしっとりした感じであまりフワフワしないのはさすが日産と言えるかも知れない。交差点のコーナーでもステアリングを切ると素直にノーズが切った方向を向いたので、峠でもそこそこ走れるかも知れないと思った。但し、小回りは苦手みたいだな。しかも、この3リッターの場合はハンドルの切れ角に制限が加えられているのか5.7mという大きなものになっている。せめて5.5mにして貰いたかったなぁ...
 でも、この本皮とウッドのステアリングはどうも気になるなぁ...やっぱ、全面本皮の方が好きだな。
 さて、この車にはオプションのナビが付いていたので、信号待ちの時にちょっと操作してみたが、はやりこの場所にあると見易いですね。でも、操作部も同じ場所にあるので、ちょっと私には遠いですね。リモコンがあると嬉しいと思いました。また、この車(CIII)のオーディオにはパネル一体型の特殊なサイズのものが採用されているので、市販の物を取り付ける場合若干の工夫が必要ですね。
 ここからは試乗とは関係ないのですが、気になった点を幾つか述べさせて貰うと...
 プレサージュはエクステリア/インテリア共に高級感溢れるデザインを持っているのだが、ボンネットを開けるととたんにその高級感がスポイルされてしまった。それは、これだけの高級車にも関わらずダンパーが付いていないのだ。重たいボンネットを開けて、フックをボンネットに掛けなければならないのだ。私はつくづく思っているのは「どのクラスであっても、ボンネットはダンパーで支えられるベキ」という事。何故かというとダンパーだと力の弱い女性でも開けられるし、熱いフックを触らなくても良いので、もっと手軽にエンジンメンテナンスができるからだ。しか〜し、300万近くもする車が未だにフックになっている事に、なんか情けなく思った。
 もうひとつ、オプションに後方モニターというのがあるが、これがまた取って付けたデザインでなんともみっともないのだ。トヨタの場合はナンバープレートの上辺りに上手く内蔵されている。ちょっとは日産も見習ってもらいたいものだ。
 まっ、細かいとこは気になるけど、ミニバン・クルーザーとしては合格点だなぁ...
 これで、値段が安くて燃費が良ければなお良いんだけどなぁ...

1st Update : 1998.07.23
当サイトに掲載されている文章・写真・図面等の無断転載はご遠慮願います。
Copyright(c) 2001-2002 Ashiya Internet Club

≪ 本ページに対するご意見・ご希望は loose@aic.gr.jp まで ≫
amazonならきっと欲しいものが見つかります。今なら1500円以上のお買い物で送料無料!!
Counter

[TOP] [アニメ] [自動車] [コンピュータ] [携帯電話] [ビデオ] [イベントレポート] [コラム] [芦屋市情報]
スペシャル:[
今月の一本] [ジブリの世界] [オデッセイ] [当サイトについて] [画像と文] [個人情報] [日記]