1995年12月04日(月曜日)


Jedit for Macintosh

 

今までホームページの作成はMacintosh上で行なってきました。その理由として

  1. スキャナーがMacintoshに繋がっており、そのままPhotoShopで作業出来る。
  2. Performaなので、ビデオキャプチャが出来る。
  3. ファイルの名前が自由に出来る。

などが挙げられます。Windows95になってロングファイルネームが使用出来る様になっ たとは言え、アプリケーションが対応していない現在、8+3形式でしかファイル名指 定できないのでまだMacintoshの方が有利なんですね。
しかし一つだけ不便な事がありました。

それは、WWWサーバーがSunOS上で走っている為、漢字コードや改行コードが Macintoshと違うので、毎回JDCONV-DDというアプリケーションを通して編集しなく てはなりませんでした。

ところが、今日jeditなるソフトを発見!。(^_^)

このソフトは、jtermを開発した株式会社まつもとが開発したエディターで、 漢字コード変換や改行コードの自動変換も自動的に行なってくれるすぐれもので、 しかもフリーソフトウェアなのです。これをつかうとJISのUNIXファイルのままで編 集することが出来るのでとても楽チンになりました。




Copyright(c) 1995-1998 loose All rights reserved.