目から鱗の
Apple
PowerMac G4 Cube


上の画像はApple社のページより無断で借用しました。


はじめに
現時点で多くのユーザーが持っているマシンはやはりWindowsマシンだと思うのですが、それらとは一線を画すマシンとしてApple社のMacintoshが有るのは既に周知の事実でしょう。しかし、Appleのラインアップは今までデスクトップ(というよりデスクサイドに近い大きさ!)のG3/G4シリーズ、一体型のiMacシリーズ、そしてノートタイプのPowerBookシリーズの3タイプしか有りませんでした。あっ、iBookもありますんで、4タイプですね。その為、Macが欲しいけど、デスクトップは大きすぎて置けない、iMacも奥行きが大きくて置けない、ノートは高い!と前々から思っていた方居ませんでしたか?
しかし、とうとう期待のマシンが発表・発売になりましたね。そう、G4 Cubeという新しいシリーズがラインアップに追加されたのです。
Cubeってどんなモデル?
詳しくはやはりオフィシャルページを見て貰うとして、簡単に説明すると、横幅約20cm、奥行きも約20cm、高さが25cm程の非常にコンパクトな筐体にPowerMac G4同等のスペックを詰め込んだある意味化け物マシンなのです。しかも、筐体が透明素材に囲まれておりとてもおしゃれなんですねぇ。デザイン的にもと〜ってもグッドで本当に欲しいと思ってしまいます。(残念ながら20万の大金はすぐに出ませんけど)
注目点!
さて、このG4 Cubeで注目したいのは上方に飛び出るトースター型のDVDドライブでもボタンの無いマウスでも無くてファンが無いという事です。Winマシンなどではノートにすらファンが装備されており、デスクトップは常にファンがブンブン言っており、静かな部屋ではどうしてもうるさく感じる騒音なのですが、このG4 Cubeにはファンが付いていないのですね。AppleはiMacやPowerBook等では熱を上手く逃がしてファンを使わないモデルはありましたけど、デスクトップはさすがにそういう訳には行かず大きなファンが付いていました。しかし、このCubeは筐体内のデザインを吟味し、対流を利用してファンを使わずに熱がうまく逃げる様に上方にスリットが配置されていたりしているんですね。いやぁ、目から鱗でした。まぁ、デメリットとしては、狭い部屋ではどうしても上に物を置きたくなるかも知れませんが、そうすると多分熱暴走してしまうかも知れないという点があるかも知れませんね。
ボタンの無いマウス
新しいシリーズにはiMacも含めてボタンの無い光学式のマウスが添付されていますが、このマウスはなかなか使い易いですね。特に、手全体でクリックする事が出来るので、マウスに慣れていない人でも容易にドラッグが出来るのでは無いかと思います。それに、何と言っても形が丸から俵型に変わったので、マウスの向きが安定して使う事が出来るのは大歓迎ですね。
価格は?
価格も、198000円(AppleStore価格)と思ったより安いんですけど、これってやっぱりOpen価格なんでしょうか?確かに何処にもメーカー希望価格とは書いていないけど、Open価格とも書いていないのがちょっと気になりますね。iMacと同じくAppleStore価格と同じく殆ど値引き無しで販売されるでしょうから、これはメーカー希望価格というより定価じゃない?
(販売価格規制法とか付かないのかな?)
Winマシンに真似は出来るのか?
このファンの無いモデルってとっても魅力的なんですけど、アプリケーションや世間とのやりとりにはやはりWindowsマシンの方が便利だったりする訳なんですけど、Windowsマシンに、はたしてこのCubeの真似が出来るのだろうか?そもそも電源自体にファンが付いていたりCPUもファンが無いと使い物にならない等いろいろと問題があるWinマシンだが、多分ショップブランド等からは年内にもFlexATXボードを使った似たような形でファンレスというモデルが出てくる様な気がしないでも無いが、果たして使い物になるかちょっと楽しみですね。(笑)
最後に
 長々と書いてしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。本ページに関してご意見ご感想など頂ければ嬉しく思います。->メールを送る


Copyright(c) 2000 loose All rights reserved.

2000.08.08 - 2000.08.09