LC630のバッテリーが
無くなってしまった...

 私の持っているMacintoshは2年前に購入したLC630(実はPerforma630だったりしますが)というマシンなのですが、一応本体の電源はメニューから落とす事が出来ますが、周辺も一緒に落とす事が出来ません。そこで、テーブルタップを使って本体と周辺の電源を最後に一斉に切っているのですが、そのせいか最近マシンを立ち上げると日付が狂っていて「日付をセットしなおしてください」といった旨のメッセージが出るようになりました。
 原因は簡単で、クロックタイマーをバックアップしているアルカリバッテリーが消耗したからです。
 普通なら、交換バッテリーだけ買ってきて差し替えれば良いのですが、何故かこのバッテリーは修理扱いになるとの事で、しかも2,000円以上はかかるという話を聞いたので、『そんなバッテリー如きに2,000円以上も払えるか!』と意を決して勝手に修理をすることにしました。

 以下は、その詳細内容です。

なお、本件につきましてはあくまで個人の責任で作業を行っていただきたいと思います。「この通りにやったら潰れてしまった」と筆者に言われても責任は取れないし、またアップルコンピュータにも修理を受け付けてくれない可能性がありますのでご了承願いたいと思います。


 まず、LC630に使用されているバッテリーはどんなものかというと右の様な形をしています。これは一般的に使用されているリチウムバッテリーとは違ってアルカリバッテリーでしかも電圧が4.5Vと高めなのです。(一般的に多く使用されているのは3Vで単5よりも短く太いちょっと特殊だがちょっと気の効いたパソコンショップだと置いていると聞いています)
 従ってこの手のバッテリーは注文しないと手に入らないのです。それもアップルに。

 では、どうするかというと作っちゃうのです。
 上のバッテリーをばらすと左のようになっています。特殊な形状の積層タイプのアルカリ電池が3つ繋がっています。そう、4.5Vというのは普通の乾電池(これって日本人が発明したんですねぇ...知らなかった)を3つ繋げた電圧になります。
 じゃぁ、市販されている単5電池を3つ繋げてはどうだろうか?という発想が湧いてきますので、さっそく挑戦してみました。

 市販されているアルカリ電池を3つテープで止めて、その端子を線で繋いでいきます。このとき線をハンダ付けするのですが、一応素早く作業します。で、ないと内部でハンダ付けされている部分があり、そのハンダが溶けちゃったりすると大変ですからねぇ...
 で、出来たのがこれ(右の絵)
 ちょっと見にくいかも知れませんが、大体元のバッテリーと同じ大きさに収まっています。

 で、後はショートしないように絶縁テープでぐるぐると回りを巻き、最後に底部に元のバッテリーに付いていたマジックテープ(あっ、元のバッテリーはマジックテープでマザーボードに付いていました)を付けて基盤に張り付ければでき上がり。

 現在快調に動作しております。



Copyright(c) 1997,1998 loose All rights reserved.
Last update : 1997.02.02