プアーなマシンでのWindows95(E)インストール顛末記
1995.09.11
loose@aic.gr.jp


米国では8月24日に正式版が発売され話題になりましたが、日本でも早くも英語版が市場に出てきました。 業務にも使用しますので早速入手したわけですが、まず試験的にプアーなマシンでどの程度 動くのか興味が湧きましたので手持ちの 東芝 DynaBook V386/25 SL にインストールしてみました。

まず、マシンスペックは次の通りです。

    CPU ............ 80386SL/25MHz
    Memory ......... 6M-Byte
    HDD ............ 80M-Byte
    Mouse .......... PS-2 mouse
    Display ........ 液晶640x480x白黒16階調

こんな今となっては超プアーなマシンで果たしてWindows95は動くのであろうか...


最初のインストール
最初にインストールしたのは、元のPC-DOS/J6.3にダブルスペースを導入した状態のマシン に上書きで行ないました。ところが、インストールフロッピー13枚のうち、10枚目で既に2時間以上 経過したため、帰宅時間が迫ってきたので泣く々インストールを一旦中止(;_;)。

 

2回目のインストール
一旦DOSのセットアップディスクでFDISKを実行して領域を解放してからインストールした。 すると、こんどはインストールはスムーズに行なわれ、全部で2時間10分程度でインストール が終了した。(でも、あまり何度もやりたくはないなぁ...ナゼってずっと画面を見ていないとディ スク交換のダイアログがわからないので他の作業をしながらってのが出来ないので、時間を 有効に使えないから。やっぱり、Macintoshの様に「ンベッ」と吐き出してくれるのが楽だ!!)

 

使ってみて...




Copyright(c) 1997,1998 loose All rights reserved.